SHARP PC-1245 の修理

SHARP PC-1245 の修理に関する記事です。




液晶交換

PC-1245 の LCD が黒くなってしまった際の交換用 LCD が頒布されています。

LCD 交換 (+α) の際にあると便利なものは次の通りです。

用途 入手先
精密プラスドライバー #1 裏蓋やプラスチックフレームで使われている M2 ネジ用 100 円ショップ
精密マイナスドライバー 液晶フレームのツメを起こすのに。可能なら砥石で先端を研いでください。
元々刃物だったものをツメを起こす用途で使うと欠けて危険です。
100 円ショップ
ラジオペンチ 液晶フレームのツメを起こすのに 100 円ショップ
歯ブラシ 液晶フレームのツメを折り曲げるのに (お尻で押します)
無水エタノールで清掃する際にも
100 円ショップ、ドラッグストア
アセトン (ネイルリムーバー) 液晶フレームから液晶をはがすのに ホームセンター、100 円ショップ
ジップロック (的な袋) 液晶フレームから液晶をはがす時の漬け込み用 100 円ショップ
イソプロピルアルコール or 無水エタノール 清掃用 ドラッグストア、ホームセンター
綿棒 清掃用 100 円ショップ、ドラッグストア
ポリイミドテープ (Amazon) 液晶フレームのツメを起こす時の基板保護、短絡防止、ホコリ防止/除去用にも 通販
接点復活スプレー (Amazon) 基板 (接点) の清掃 ホームセンター
タミヤ F グリス (Amazon) スライドスイッチ摩耗防止用 通販、ホビーショップ

液晶交換

液晶交換手順は『PC-1245 LCD 交換マニュアル』をなぞっています。先に公式マニュアルを熟読する事をオススメします。

  1. 裏蓋のネジを外します。
  2. 電池カバーを外して、電池を取り出します。
  3. 圧電サウンダのリード線をハンダごてを使用して取り外します。外さずに作業する事もできますが、外して作業した方が圧倒的に楽です。この状態で圧電サウンダを外す場合には周囲をポリイミドテープで保護した方が無難です。
  4. ネジを 4 本外して
  5. 黒いプラスチックフレームを外します。手前から奥に起こすようにすると外れます。圧電サウンダはここで外してもいいと思います。
  6. 机に置いた状態で基板を外します。手前から奥に起こすようにすると外れます。浮かせて作業するとキーボードのパーツが飛散します。作業中は表から養生テープを貼っておくといいかもしれません。

    キーボードのメンブレンシートは基板に貼りついている事が多いので、ケース側に戻しておきます。
  7. LCD の偏光板を取り外します。偏光板は切り欠きがあるのが左上です。この偏光板は外したらもう使用しないので、破損しても大丈夫です。偏光板を固定していた両面テープは IPA か無水エタノールでキレイに取り除いておきます。
  8. LCD の金属フレームの爪を起こします。全部で 8 箇所あります。100均の精密マイナスドライバーの先を研いだものを用意しておくと便利です。
  9. 基板と LCD の金属フレームを分離します。金属フレームの爪はペンチで挟んで真っすぐに矯正しておきます。
  10. LCD から導電ゴム (ゼブラコネクタ) を外します。ピンセットを使って端からゆっくりと剥がしてください。
  11. LCD と金属フレームは両面テープで接着されていますが、カッチカチになっていて外れないので、アセトン (ネイルリムーバー) に漬け込みます。食料品用のチャック付き袋だとアセトンは漏れませんが、念のためにタッパー等に入れておいた方がいいかもしれません。日向に置いておくと、2 時間くらいで外せるようになります。液晶面を完全に浸すのと、たまに液晶面を押してアセトンを浸透させるのが短時間で外すコツです。
  12. 金属フレーム内側の両面テープは粘着力が残っていますのでそのままでも大丈夫な事が多いですが、キレイに除去して新しい両面テープを貼った方が無難です。アセトンのせいで厚みが均一になっていない事があるからです。両面テープを貼り換える際は、厚めのものを使って下さい。
  13. 交換用 LCD を用意します。ポッチのある方が右側になります。金属フレームの穴と反対方向に LCD のポッチが来ます。
  14. 交換用 LCD の保護シートを外し、金属フレームに載せます。付属の導電ゴムは微妙に長いのでカットして使います。元々の導電ゴムを再利用する事もできます。導電ゴムを密着させるために IPA か無水エタノールで拭いてから載せます。LCD 側も拭いておきます。導電ゴムはできるだけ真っすぐ、内側に寄せておきます。

    導電ゴムがズレないように 3D プリンタで L 字のフレーム (画像のオレンジ色の部分) を作っておくといいかもしれません (FDM だと精度の関係で難しいかも)。
  15. 基板にポリイミドテープを貼ります。金属フレームの爪と基板を直接触れさせないようにします。
  16. LCD 金属フレームを基板に取り付けます。フレームを基板に充分に押し付けた状態でツメを根元から曲げるのがコツです。
  17. 分解の逆の手順で組み立てていきます。
  18. 交換完了です。背面にある ALL RESET を押して電源を ON にしてください。

トラブルシューティング

・スイッチが OFF なのに BUSY インジケーターが点灯したままになる

背面にある ALL RESET を押しても BUSY インジケーターが点灯したままの場合、金属フレームと基板 (のパターン) が接触しています。ポリイミドテープと、金属フレームの爪を確認しましょう。金属フレームの上側の爪がちゃんと曲げられていないとこの現象が発生しやすいです。

・横に線が入ったり、一部文字が表示されない

導電ゴムの接触不良です。横線は LCD の左右端 7mm くらいの上下、文字が表示されないのは左右端を除いた上下の接触不良です。基板や LCD のコンタクト部分、導電ゴムを IPA または無水エタノールで拭き、金属フレームの爪を根元から曲げてもっと導電ゴムを押し付けてください。ポリイミドテープが基板の LCD コンタクト部分に挟まっていないかも確認してください。

・文字がぼやけたり変な形になっている

導電ゴムが斜めにセットされています。金属フレームの爪を曲げる過程で導電ゴムが横にスライドしてしまった可能性があります。基板や LCD のコンタクト部分、導電ゴムを IPA または無水エタノールで拭いて導電ゴムを密着させてみてください。何度試してもダメな場合は、オリジナルの導電ゴム (若干の粘着力がある) を使うか、3D プリンタによる L 字フレームを検討してみてください。



圧電サウンダー (スピーカー) が千切れちゃったのだけれど?

リード線が外れただけならハンダ付けすれば OK です。

黒いプラスチックフレームはネジ留めされていない状態で作業しましょう。ポリイミドテープで周囲を保護しておくとフレームを溶かす事故を防げます。

電極 リード線 基板 圧電サウンダ
プラス 左側 内側
マイナス 右側 外側

外して無くしちゃった人は、直径 22mm までの圧電サウンダ (スピーカー) を探しましょう。Amazon とかでも入手可能ですが、秋月電子等で買った方が安いです (送料を考えなければ)。直径 20mm くらいの圧電サウンダだと入手性がいいと思います。

リード線が付いていない圧電サウンダはハンダ付けの難易度が高いので、短くてもリード線の付いているものを買った方がいいと思います (付け替えは難しくない)。



裏蓋のネジを無くしてしまったのだけれど?

M2 皿ネジ 8mm が適合しますが、ほんの少しだけ長いので、全体の長さを 7.50mm 程度まで削ったほうがいいと思います。このネジは普通のホームセンターでも見かけます (当方が購入したものは実測で 7.85mm でした)。

裏蓋を外した所に見えているネジは、PC-1245 と PC-125x で異なります。PC-1245 のプラスマイナスネジ 3 本は M2 バインド (or トラス) ネジ 8mm を 7.20mm 程度まで削ったものが使えると思います。普通のホームセンターでは入手が難しいので、ミニ四駆のパーツを探すといいと思います。ミニ四駆では改造用として M2 ネジがよく使われています。

場所 ネジ 実測長 代替推奨 本数
裏蓋 M2 皿ネジ 7.72mm 7.50mm 2
プラスチックフレーム 1
プラスチックフレーム M2 バインドネジ
(プラスマイナス)
7.50mm 7.20mm 3

長い M2 ネジをキレイに切断するには ENGINEER PA-01 を使うとよさそうです。

ネジが長すぎるとキツめに締めた時に表のアルミプレートが凸ってきます。トップの画像は純正のネジしか使っていないのですがP / N / ENTERキーの右上がわずかに凸ってます。純正のネジしか使っていなくても、皿ネジとバインド (or トラス) ネジを間違ってしまうと凸ります。



ここにある情報が役に立って、「調べる手間が省けたからオマイに飯でもおごってやるよ」 というハートウォーミングな方がいらっしゃいましたら、下のボタンからどうぞ。

メニュー: