Wio Terminal

Seeed Wio Terminal に関する記事です。



Wio Terminal

Wio Terminal は機能が盛りだくさんのガジェットです。

Wio Terminal の MCU は Microchip ATSAMD51P19 です。

See Also:


購入

秋月電子等で買えます。

  • Wio Terminal (スイッチサイエンス)
  • Wio Terminal (秋月電子)
  • Wio Terminal (マルツオンライン)
  • Wio Terminal (共立エレショップ)

  • 各部詳細

    No 名称 説明
    多機能 Grove コネクタ #1I2C
    Green LED (Power LED)
    USB Type-C コネクタ
    Blue LED (インジケーター)LED_BUILTIND
    多機能 Grove コネクタ #2D/A
    2.4 inch LCD320 x 240, ILI9341
    マイク&ブザー
    5 方向スイッチ上下左右と押し込み
    電源&リセットスイッチ真ん中にすると電源 ON。そこからさらに下に下げるとリセット。
    MicroSD カードスロット
    20 ピン FPC (Flexible Printed Circuit) コネクタ用スロット分解しないとコネクタにアクセスできません。
    ユーザーボタン #1
    ユーザーボタン #2
    ユーザーボタン #3
    40ピン GPIO ソケットRaspberry Pi に挿せるようになっていますので、Raspberry Pi のコネクタとは左右逆になります。

    分解

    Wio Terminal を裏返し、左上と右下のゴム足に隠れているネジを 2 本外すと裏蓋を開けることができます。左下と右上にはツメがありますので、強引に開けないようにしてください。

    裏蓋には 4 個の磁石が配置されており、Wio Terminal を鉄板などにゆるく固定する事ができます。

    See Also:


    セットアップ

    チュートリアルページが素晴らしい出来なので、あまり書くことがありません。

    念のためにおさらいしておくと、Arduino IDE で Wio Terminal を使えるようにするには、

    1. [ファイル | 環境設定] の "追加のボードマネージャの URL" に https://files.seeedstudio.com/arduino/package_seeeduino_boards_index.json を追加する。
    2. [ツール | ボード | ボードマネージャ] でボードマネージャを開き、"Wio terminal" を検索する。
    3. Seeed SAMD Boards をインストールする。
    4. [ツール | ボード] で Wio Terminal を選択する。

    RTL8720 のファームウェア更新

    Wi-Fi の機能を使う前に、Realtek RTL8720 のファームウェアを更新する必要があります。手順は以下のページに書かれています。

    1. スケッチ rtl8720_update.ino をコンパイルして Wio Terminal に転送します。
      void setup() {
        // initialize both serial ports:
        pinMode(PIN_SERIAL2_RX, OUTPUT);
        pinMode(RTL8720D_CHIP_PU, OUTPUT);
        digitalWrite(PIN_SERIAL2_RX, LOW);
        digitalWrite(RTL8720D_CHIP_PU, LOW);
        delay(500);
        digitalWrite(RTL8720D_CHIP_PU, HIGH);
        delay(500);
        pinMode(PIN_SERIAL2_RX, INPUT);
        Serial.beginWithoutDTR(115200);
      //  Serial.baud
        RTL8720D.begin(115200);
      
        delay(500);
      }
      
      void loop() {
      
        // read from port 1, send to port 0:
        if (Serial.available()) {
          int inbyte = Serial.read();
          RTL8720D.write(inbyte);
          //Serial1.write(inbyte);
        }
      //   read from port 1, send to port 0:
        if (RTL8720D.available()) {
          int inbyte = RTL8720D.read();
          Serial.write(inbyte);
          //Serial1.write(inbyte);
        }
      }
    2. Image Tool をダウンロードし、適当な場所へ解凍しておきます。
    3. RTL8720 Firmware をダウンロードし、適当な場所へ解凍しておきます。<- リンク先のファームウェアが最新版とは限りません!
    4. ImageTool.exe を実行します。
    5. [Chip Select] を押し、AmebaD(8721D) を選択します。
    6. [Serial] と [Flash Erase] のパラメータを次のように設定します。
    7. [Erase] ボタンを押します。正常終了すると、画面下部に次のようなメッセージが表示されます。
    8. 次に、[Flash Download] で RTL8720 の Firmware を指定します。[Browse] ボタンでファイルを指定できます。ファイルを指定したら、左側にあるチェックを入れます。
    9. [Download] ボタンを押します。正常終了すると、画面下部に次のようなメッセージが表示されます。

    ブレッドボード

    Wio Terminal は機能盛りだくさんなので、それらを使って遊ぶのが筋なのでしょうけれど、折角の Arduino なのでブレッドボードとかも使ってみたいです。

    左側の Grove コネクタは I2C で、右側の Grove コネクタは D0 (A0) / D1 (A1) なので、Grove コネクタを買えば大抵の事はできます。片側をジャンパーワイヤーみたいに加工すれば、ブレッドボードでも使えそうです。

    Wio Terminal の背面にある 40ピン GPIO ソケットにジャンパーワイヤーを直接挿す事もできますが、裏にあるためあまり使い勝手はよくありません。そこで使えるのが Raspberry Pi 用の GPIO T 型拡張ボードです。

    このままでは Wio Terminal に接続できないのでコネクタを加工します。軽くカッターでスジを入れ、枠をラジオペンチで折り取ります。

    ブレッドボードとはこの向きで接続します。

    I2C LCD でテストしてみました。拡張ボードにもブレッドボードにもシルク印刷があるので、ピン番号を数えなくていいのはとても楽です。

    ピンの並びが Raspberry Pi と同じになる (左右逆ではない) というメリットもあります。


    チュートリアル

    英語版の Wiki には豊富なチュートリアルがあります。

    使い方で悩む事はないでしょう。[ファイル | スケッチ例] にも Wio Terminal 用のサンプルスケッチがあります。

    See Also:


    ここにある情報が役に立って、「調べる手間が省けたからオマイに飯でもおごってやるよ」 というハートウォーミングな方がいらっしゃいましたら、下のボタンからどうぞ。

    メニュー: