フォーラム


ゲスト  

ようこそ ゲスト さん。このフォーラムに投稿するには 登録が必要です。

ページ: [1]
トピック: x64 デバッガとブレークポイント (XE2 以降)
DEKO
管理者
投稿数: 2634
x64 デバッガとブレークポイント (XE2 以降)
on: 2013/04/06 11:42 Sat
  • IDE は 32bit アプリケーション。
  • 64bit アプリケーションのデバッグにはリモートデバッガの仕組を使っている。
  • よって、[プロジェクトオプション | Debug 構成] の "リモートデバッグシンボルを含める" にチェックが入っていないとブレークポイントで止まらない。
  • "リモートデバッグシンボルを含める" にチェックが入っていなくとも、以前に出力された *.rsm が残っていればブレークポイントで止まる。但し、デバッグ情報が古いので変なトコロで止まったり、特定の部分だけブレークポイントが効かなかったりする。
  • IDE がクラッシュすると dbkw64_xx_0.exe がタスクに複数存在する事がある。この状態は好ましくない (デバッグ動作が不安定になる可能性アリ) ので、一旦 IDE を終了させた後ですべての dbkw64_16_0.exe をタスクマネージャで殺して IDE を起動する。IDE 起動中に dbkw64_xx_0.exe を殺してはいけない。
  • dbkw64_xx_0.exe は IDE 起動と同時に常駐する。

デバッガが不安定な場合には、とりあえずタスクマネージャで dbkw64_xx_0.exe を調べてみて下さい。

See Also:
[Delphi XE2 の新しいリモートデバッガ - PAServer -]
http://ht-deko.minim.ne.jp/tech071.html

[x64 デバッガ (Delphi XE2 以降)]
http://ht-deko.minim.ne.jp/tech073.html

[Error: Disconnected session(セッションが切断されました) ]
http://support.embarcadero.com/jp/article/42651

ページ: [1]
WP Forum Server by ForumPress | LucidCrew
バージョン: 1.7.5 ; ページロード: 0.013 sec.