フォーラム


ゲスト  

ようこそ ゲスト さん。このフォーラムに投稿するには 登録が必要です。

ページ: [1]
トピック: Windows API と文字コード変換
DEKO
管理者
投稿数: 2631
Windows API と文字コード変換
on: 2013/04/06 09:03 Sat

Windows が持つ文字コード変換には 2 種類ある。そうそう、WideCharToMultiByte() と MultiByteToWideChar()…って違う。

[WideCharToMultiByte() / MultiByteToWideChar()]
Windows95 から利用可能。但し Windows98 以降でないとコードページに UTF-8 (CP_UTF8) / UTF-7 (CP_UTF7)を指定できない。 MSLU を使えば Windows95 から無理矢理使う事が可能。

[ConvertInetString() / ConvertInetMultiByteToUnicode() / ConvertInetUnicodeToMultiByte()]
Windows95 から利用可能。但し IE5.5 以上がインストールされていなくてはならない。

前者は IE に依存しないが、 Win95 は非対応。後者は IE5.5 以降があれば Win95 にも対応する。つまり正確に言えば、前者は Windows の、後者は IE の文字コード変換機能という事だ。

Windows の文字コード変換機能と IE の文字コード変換機能では、指定できるコードページに違いがある。 Windows の文字コード変換機能では CP51932 (EUC-JP) を処理できないが、 IE の文字コード変換ではそれが行える訳だ。

ページ: [1]
WP Forum Server by ForumPress | LucidCrew
バージョン: 1.7.5 ; ページロード: 0.013 sec.