Arduino Nano

Arduino Nano に関する記事です。



Arduino Nano

Arduino Nano の MCU は Atmel ATmega328P です。

ボードサイズ 普通 小さい
書き込み装置 あり なし あり なし
ATMega328P Arduino Uno Arduino Pro Arduino Nano Arduino Pro Mini
Arduino Mini (05)
ATMega32U4 Arduino Leonardo Arduino Leonardo
(ピンソケット無し)
Arduino Micro
Da Vinci 32U*1
Pro Micro*2

*1 Strawberry Linux 社の製品で正式な Arduino ではない。    *2 SparkFun 社の製品で正式な Arduino ではない。

簡単に言えば小型化された Arduino Duemilanove です (Uno の小型化版ではない)。

See Also:


購入

Arduino Nano の購入はオススメしません。

"Pro Mini (Mini 05) + 書き込み装置" が Nano とほぼ同等でトラブルがありませんし、Pro Micro なら USB<->シリアルの問題も出ません。つまり、この製品を購入する必要があるケースというのは、

...という割とニッチな用途となります。一応、商品リンクを貼っておきます。

(互換品は) 問題を抱えている製品だと割り切って購入する分にはいいと思います...安いですし。また、USBasp をお持ちであれば、最悪でも I(C)SP 端子経由でスケッチを転送する事ができます。


各部詳細

四隅の穴は端子ではないのでピンヘッダをハンダ付けする際には注意が必要です。

See Also:


セットアップ

オリジナルなら FT232RL のドライバ、コピー品なら多くは CH340 のドライバをインストールする必要があります。ボード裏の USB<->シリアルチップが何なのか確認してください。Windows 10 の場合にはドライバを自動検索すれば自動でインストールされると思います。うまくいけば Nano を接続した時にドライバを勝手にインストールしてくれます。

ボードArduino Nano を選択します。

Old Bootloader

2018/01 に新しいブートローダーが公開されました。書き込み時に avrdude: stk500_recv(): programmer is not responding のエラーが出る場合には [ツール | プロセッサ] で ATmega328P (Old Bootloader) を選択するか、[ツール | ボード] で Arduino Genuino Uno を選択して書き込んでみてください。

互換機の場合、古いブートローダー (Old Bootloader) が書き込まれている場合があります。最新版の IDE に更新しブートローダーを最新のものに更新しておくといいでしょう。

新しいブートローダーを書き込んだ際のトラブルシューティング

古いブートローダーは 57600 bps、新しいブートローダーは 115200 bps で通信するため、新しいブートローダーを書き込んだ後でスケッチをアップロードできなくなる事があります (安い互換機等)。このような事態に陥った場合には以下のいずれかの方法を採る必要があります。

いくら CH340 (あるいはその偽造品) であっても 115200 bps で書き込めない事はそうそうないので、まずは新しいブートローダーがちゃんと書き込まれているかを確認してみてください。

See Also:


ここにある情報が役に立って、「調べる手間が省けたからオマイに飯でもおごってやるよ」 というハートウォーミングな方がいらっしゃいましたら、下のボタンからどうぞ。

メニュー: